烏龍茶は日本茶や紅茶との製造工程の違いがあっても原料は同じ茶

烏龍茶をはじめとして、日本茶や紅茶はツバキ科のチャノキの葉が原料となることは同じです。しかしながら、製造工程の違いによって種類が違う茶になります。烏龍茶と紅茶は発酵茶の一種ですが、煎茶や玉露に代表される日本茶は不発酵茶となります。

厳密に言えば、烏龍茶は半発酵茶として分類されています。収穫した茶葉に日光を当てながら、撹拌もして発酵させていきます。このまま発酵を続けていけば紅茶と同じとなりますが、途中で釜煎りをして酵素を失活させることで半発酵茶となるわけです。緑茶にはない芳香や旨味が生まれるのも、酵素の働きによる効果です。紅茶の場合には、烏龍茶よりも発酵期間が長いために、深紅色の色合いとなります。烏龍茶とは違い、紅茶は最後に釜煎りをしないため、酵素の働きが失われていないのが特徴です。

日本茶の場合には、収穫した茶葉を蒸してから茶揉みをして製茶します。最初から熱を加えるため、酵素の働きで発酵が起こることがありません。玉露には日覆いをして育てた茶葉を用いるため、旨味成分のテアニンが特に多くなります。紅茶や烏龍茶にはカテキンという成分が豊富で、抗酸化作用があることで有名です。

烏龍茶については、日本茶や紅茶の中間にある茶と言えるものです。適度に発酵させることで、爽やかな風味を保つことができます。かなりの長期にわたって発酵させる場合には、香りも強烈になりますが、半発酵にすれば誰でも飲みやすい品質となる仕組みです。日本茶や紅茶との製造工程の違いだけで、これだけの風味の違いが生まれることも驚きです。本場の中国において、伝統的な製法が洗練されて生まれた結果です。製法は現代にも受け継がれて、中国の各地で名品が作られています。